風が花の顔を撫でていく、君も風のようにわたくしと出会いでしょう?