Googleでいろんな無効な方法を試験してた。でも、その問題の解決方法にはほとんど簡単だ。

作業環境:

Proxmox ve (あるいはいずれのKVM仮想環境)

あるWindows10仮想マシンでは、インストールの時に、ついVirtioモードにインストールしまった。その後で、SSDシミュレーションができないため、SCSIモードを変更したいんだ。けれども、システムが既にインストールしてたため、どんでも変更できません....どうしよう?

そうか!直接に変更しよう!行くぞ!

INACCESSABLE_BOOT_DEVICE。

なんだこれ

なんでこのエラーが?

だってシステムの中にコントローラドライバーがありないから、システムファイルさえ読み込めません。

この例はWindows10 Proxmoxがホストとして説明してた。

解決方法:

まずはVirtioドライバーをダウンロードしておきる。https://fedorapeople.org/groups/virt/virtio-win/direct-downloads/archive-virtio/ このリンクで最新のバージョンを選択して目標仮想マシンにマウント。

目標マシンをシャットダウン、メインディスクはIDEモードにしてからサイズ任意のSCSIディスクを目標マシンにマウントする

これからシステムがSCSIディスクが認識させると、未知なデバイスが表示してたため。ドライバーインストールのこどができる。DISMとか、PEモードとか、どちらも使いにくいだけど、この方法はそれより簡単だ。

システムが起動完了のとき、SCSIドライバーをインストールことができる。SCSIドライバには先からVirtioドライバーのISOファイルの中でおいている。SCSIドライバーをインストールの時、このVirtioドライバーのファイルパスを選択して、自動インストールを行う。インストール完了の時、シャットダウン。

システムがシャットダウンならメインディスクの転送モードはSCSIモードにして、マウントしたISOファイルをアンマウントしてシステムを起動する。それからシステムは正常に起動できる。


風が花の顔を撫でていく、君も風のようにわたくしと出会いでしょう?