一般的にaria2のデフォルトポートは6800であり、普段のHTTPやHTTPS ポートと異なり、使えばポート番号が必要です。けど、この問題はいろんな問題の一つ、例えばRPCパスワードブルートフォース防止、一般的にサイトの後ろに隠れ、Cloudflareを使用して接続などいろんな問題があった。

CloudFlareは8880(HTTP)と8443(HTTPS)直接接続ポートがある。WebSocketなら8880、WebSocketとSSLなら8443へポート番号を変換してます。Nginxを利用しなくても接続できる。

Nginxを利用したい、ポート番号を隠れるがしたいなら下記の通りに設定しましょう。

解決方法:

設定が欲しいのドメインのNginx コンフィグをこれに添えてください。

location /youcannotseeme {
proxy_redirect off;
proxy_pass http://127.0.0.1:6800/jsonrpc;
proxy_http_version 1.1;
proxy_set_header Upgrade $http_upgrade;
proxy_set_header Connection "upgrade";
proxy_set_header Host $http_host;
proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
}

この設定をセーブしてNginxをリロードする。それからAria2 RPCソフトの中に設定をしている。

RPCドメインは設置したドメイン名を入力して、ポートは443になって(SSL接続なし場合は80としている)、Pathはyoucannotseeme(Nginx コンフィグによって異なり)になって、

プロトコルはWSS(SSL接続なし場合はWSとしている)。上記の設定が完了したなら、接続をテストしましょう


風が花の顔を撫でていく、君も風のようにわたくしと出会いでしょう?