一般的に、XFSファイルの拡張命令がxfs_growfs /dev/sdx(ディスクマウントポイント) -d です。でも今度の実行はエラーが返した。data size unchanged, skipping。なんだこれ

下記のコマンドを実行すると拡張ができます。

# 仮定/dev/sda3が拡張される
LANG=en_US.UTF-8
# 実行が必要。実行なければエラーが返します
growpart /dev/sda 3
xfs_growfs -d /dev/sda3
LANG=ja_JP.UTF-8
# 実行しなくでもいい

風が花の顔を撫でていく、君も風のようにわたくしと出会いでしょう?